執筆者次女

キャバ嬢の「営業スタイル」は売上に直結!相手に合わせて使い分けよう

キャバ嬢がどの営業スタイルで接客するかで売上が変わる


キャバクラでは、接客のことを営業っていいます。実はキャバ嬢によって営業スタイルって凄く変わるんですよ!

うちは3姉妹揃ってキャバ嬢やってますが、姉も妹も全然違うんですよね。

営業スタイルはとても重要で、自分の売上にも関わってくるんです!だからみんなスタイルが違うし、個性が出てるんですよね。

逆にいえば、営業スタイルを考えなくちゃ売上が取れない、ってことになります。

自分の営業スタイルで悩むキャバ嬢も多いですが、素の自分の強みを活かせるタイプを選ぶのがおすすめです。

素の自分に近ければ精神的に楽ですし、売上も取りやすくなります。ガッツリハマれば、指名客も簡単に取れますね。

でも、人気キャバ嬢を目指す人や、お店で売上No1を目指すなら、お客さんに合わせて営業スタイルを変えなきゃいけません。

いろんなスタイルを使い分けできてこそ、売上を取れるわけですね。

キャバ嬢の営業スタイルの種類


キャバ嬢それぞれ自分の営業スタイルを確立してますが、種類を大まかに分けると5つあります。

  • 色恋営業
  • 友達営業
  • オラオラ営業
  • 病み営業
  • 小悪魔営業

けっこういろんなスタイルがありますね!一部「ん?」と思うものもありますが(笑)、キャバ嬢はだいたいどれかに分類できます。

これからキャバクラで働くって人は、営業スタイルで悩んじゃうかもしれません。色濃いとか友達っていわれたって、そもそも違いが分かりにくいですよね。

でも、これから全部解説していきますから、自分の営業スタイルを決める時の参考にしてください!

色恋営業


まず基本になるのが色恋営業!キャバクラでは一番多いというか、超定番の営業スタイルなんですよ。

実は私の姉(みおり)もこの営業スタイルがメインで、お客さんによっては友達営業と使い分けてます。

色恋営業は、お客さんと”疑似的な”恋愛関係になる営業スタイルです!キャバクラが疑似恋愛を楽しむお店なので、一番接客しやすいかもしれません。

接客方法も簡単で、彼氏に甘えるそぶりをしたり、甘えたりするような感じです。彼氏がいる(いた)人なら、相手が変わっただけだと思えばOK。

特に独身のお客さんや、キャバ嬢へ甘えたいオーラ出してるお客さんに最適ですね!

でも、長く続くとお客さんに飽きられちゃうのも事実…。もしお客さんに飽きられそうな時は、色恋営業から枕営業にしちゃう子もたまにいます。

でも、枕営業ってリスク超大きいんですよね。もし飽きられてきたら、色恋営業から友達営業に切り替えちゃうのもいいですよ。

かなりスムーズに切り替えできちゃいます。

友達営業

私がやってるのがこれ、友達営業!色恋営業と同じくらいに定番の営業スタイルです。

とにかくお客さんと疑似でも恋愛関係は無理!って人に向いてますね。あと、お客さんと適度な距離を保ちたい人にもおすすめです。

友達営業は、お客さんを自分の友達と同じような感覚で接客する方法。まんまですね(笑)。

でも、お客さんと恋愛関係にまでは発展しづらいし、気軽に接客できるのでかなり楽ですよ!素の自分を出しやすいことも魅力ですね。

特に友達営業が最適なのは、キャバ嬢と楽しくお酒を飲みたいって考えてるお客さんです。

あとは会社の付き合いとかで飲みに来てるお客さんですね。友達感覚で接客できますから、場を盛り上げやすいし、楽しくお酒を飲めちゃいますよ!

他にも、色恋営業で飽きられそうなときにも有効。友達営業にすれば、ほどよく距離を保てますからね。

うちの姉なんか、お店へ全然来ないお客さんは問答無用で友達営業かけますからね(笑)。

オラオラ営業


ちょっと珍しいのがこのオラオラ営業かもしれません。パット見「え?」と思っちゃいますよね。

確かに謎かも(笑)。でも、この営業スタイルで接客してるキャバ嬢もいるんですよ。

オラオラ営業は、簡単にいえばSっぽさを出す営業スタイルです。

さすがに女王様まではいかないけど、ワガママをダイレクトに伝える感じですね!色恋営業なら「○○してほしいな〜」となるのを、「○○してよ」と、超直感的に伝えるのがオラオラ営業。

一見生意気なキャバ嬢なんだけど、実はそうでもない…絶妙なバランスで成り立ってます。

ちなみにオラオラ営業は、お客さんがMっぽい場合に有効です!場合にオラついたキャバ嬢に興奮したり。

ただ、どのお客さんがMっぽいか判断が難しいので、最初からいくのは少し危険ですね。最初は友達営業で様子見つつ、色々知ってから切り替えるのがいいかもしれません。

病み営業

そして次は病み営業です。はい、病みなんです(笑)。いわゆる”ヤンデレ”っぽい感じで、精神的に病んでる子を演じて、お客さんに甘えてたり、営業をかけていくスタイルですね。この営業、かなり高度なテクを要求されます。

本当に病んでるなら別ですけど、それっぽく見せるのは結構難しいんですよね。

私も一度試したことありますが、キャラ的に無理でした(笑)。

病み営業は、どこか精神的に余裕があるお客さんとか、とにかく女の子を構ってあげたい・助けたいというオーラを出してるお客さんに有効です!

特に女の子を助けたいと考える男性って多いので、上手くいけば太客をゲットできますね。

逆に構ってオーラを出しすぎた場合や、やり過ぎは危険です!お客さんがドン引きして、お店に来なくなる可能性もあります。この辺のバランスが難しいですね。

小悪魔営業


そして最後が小悪魔営業!多分説明は不要かもしれませんけど、いわゆる小悪魔系を演じる営業スタイルです。

オラオラ営業がMのお客さん向けなら、小悪魔営業はSっ気あるお客さん向きですね。

小悪魔営業は、妹っぽさを出したり、年下ならではの甘え上手を前面に出す営業スタイルです!

男性に甘えるのが得意って人なら、ピッタリはまる営業スタイルかもしれません。

年下の女の子に甘えてほしいお客さんって案外多いので、こちらもハマれば売上を取りやすいですね。

ちなみに妹(くるみ)が小悪魔営業をやってます。元々性格が天然だし、妹キャラを上手に使ってるみたいなので…(笑)。

逆に計算高い性格の人には向かない営業スタイルかもしれません。うちの妹はマジ天然なので、小悪魔営業が型にはまってるだけです。

自分の性格次第で適性が変わる営業スタイルですね。